スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報 金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)

 【ソウル大澤文護】静岡県内で1968年に借金のトラブルから暴力団関係者2人を射殺し、同県寸又峡の温泉旅館に人質をとって立てこもった「金嬉老事件」で無期懲役が確定し、仮釈放後に韓国に永住帰国していた金嬉老(キム・ヒロ、本名・権禧老=クォン・ヒロ)元受刑者が26日午前6時50分、前立腺がんのため、韓国・釜山市の病院で死去した。81歳だった。金元受刑者は25日午後、病状悪化のために緊急入院していた。

【関連記事】金嬉老事件:現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪

【関連ニュース】
【関連記事】ニュースボックス:1968(昭和43)年2月24日 「金嬉老事件」立てこもり男を逮捕

学力テスト事業参入、文科省の対応が障壁に(読売新聞)
<窃盗>国重文の仏像、大阪の寺から盗まれる(毎日新聞)
<訃報>木村威夫さん91歳=映画美術監督「海と毒薬」(毎日新聞)
首相「閣内不一致と言われないようにする」(産経新聞)
自首の男を殺人容疑で逮捕 大阪・天王寺のマンション刺殺事件(産経新聞)
スポンサーサイト

鳴門海峡で貨物船同士衝突、2人が行方不明(読売新聞)

 28日午前0時15分頃、徳島県鳴門市の鳴門海峡で、広島県江田島市の貨物船「日進丸」(199トン、4人乗り組み)と、マーシャル諸島船籍の貨物船「OUTSAILING(アウトセイリング)9」(2926トン、15人乗り組み)が衝突した。

 日進丸は沈没し、乗組員全員が海に投げ出された。長崎県平戸市、同船船長増山博士さん(48)ら2人はアウトセイリングに救助されたが、熊本県上天草市大矢野町、一等航海士千原伸也さん(36)と、松山市天山3、機関長堀金幸治さん(59)が行方不明となっている。

 徳島海上保安部の発表によると、日進丸から「大鳴門橋の真下で外国船と衝突した。浸水している」と通報があったという。現場海域では、巡視船など5隻、ヘリコプター1機が、2人を捜索している。

神奈川県不正経理、副知事2人を事実上更迭へ(読売新聞)
トキ 2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待(毎日新聞)
醤油の正しい保存法、7割が「分からない」(産経新聞)
エベレスト登頂ネット中継へ  登山家・栗城「みんなで夢を共有したい」(産経新聞)
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)

北教組事件 幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定(毎日新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営に北海道教職員組合(北教組)が違法献金したとされる事件で、札幌地検は22日、逮捕した4人のうち北教組委員長代理の長田秀樹(50)=札幌市西区、小林陣営の会計担当者で自治労北海道財政局長、木村美智留(46)=北広島市=の両容疑者を政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反の罪で起訴した。参考人聴取した小林議員については関与はなかったと結論づけた。

 地検は2人のほか、団体としての北教組も同罪で起訴。逮捕していた北教組書記長の小関顕太郎(54)=小樽市、会計委員の南部貴昭(52)=札幌市清田区=の両容疑者は長田被告との共犯関係を認定したが、関与の度合いが薄いとして起訴猶予処分とした。

 起訴状などによると、木村被告は小林陣営の資金管理を統括。選挙事務所の資金繰りに窮し、5区の選挙応援を決めていた北教組に資金援助を依頼。北教組委員長(09年6月に急死)から、北教組本部で08年12月~09年5月の3回にわたり400万円ずつ計1200万円を受け取ったほか、09年7月にも長田被告からも選挙事務所で400万円を受け取ったとされる。

 木村被告はこれらの現金を小林氏が代表を務める党北海道5区支部ではなく自身が管理する裏口座に入れて事務所運営費などに充てていたため、札幌地検は同法が禁じる政治家個人への献金と判断した。

 書記長と会計委員は北教組の資金を札幌市内の金融機関の口座で管理していたが、献金分の現金の出し入れは元委員長や長田被告の指示で行うなど従属的立場だったという。

 昨夏の衆院選では、小林陣営の選対幹部が公選法違反罪に問われ、札幌地裁で懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を受けた。

 小林氏は22日、札幌市中央区の民主党道連事務所で記者会見し、「心からおわび申しあげます」と謝罪し、「国会と地域での活動に全力を尽くし職責を全うしてまいります」と述べ、議員辞職や離党はしない考えを示した。【吉井理記、水戸健一】

【関連ニュース】
<解説>北教組違法献金事件 民主「労組票」にメス 参院選控え衝撃
<社説>北教組幹部逮捕 民主の体質が問われる
<鳩山首相はこう語った>北教組幹部逮捕「制度を改正する必要があるのではないか」(3月1日)
<日教組委員長はこう語った>「法令順守の徹底は必要だが、政治活動は必要」
<民主党政権の仕事ぶりを評価する>鳩山政権の通信簿

眞子さまと佳子さま卒業式(時事通信)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(1)俳優・國村隼さん(産経新聞)
<河村たかし市長>リコール陣頭指揮 議会対決一段と先鋭化(毎日新聞)
<消費生活相談員>配置に格差4.8倍…体制の強化進まず(毎日新聞)
<猫虐待>容疑で家宅捜索…引き取り後、6匹死ぬ 愛知県警(毎日新聞)

DNA誤データで別人に逮捕状=捜索実施、人為ミスか-神奈川県警(時事通信)

 横浜市の飲食店で昨年11月、窃盗事件があり、警察庁が管理するDNA型データベースを基に、神奈川県警が窃盗容疑で逮捕状を取ったところ、男性は事件とは無関係だったことが20日、分かった。登録されたDNA型は県警が以前鑑定したものだったという。データベースへの誤登録が原因だった可能性があり、県警が詳しい経緯を調べている。
 県警によると、横浜市旭区の飲食店で昨年11月に起きた窃盗事件で、旭署が被害女性の証言などを基に容疑者の遺留物とみられるDNA型を鑑定し、警察庁のデータベースで検索したところ、この男性が浮上。窃盗容疑で男性の逮捕状と家宅捜索令状を取り、捜索を実施した。しかし、男性が容疑を否認したため、任意提出してもらった検体を調べた結果、男性名で登録されていたデータベースのDNA型は別人のものと判明した。
 登録済みのDNA型の本来の持ち主は分かっておらず、事件の捜査は現在も継続中という。 

【関連ニュース】
水子地蔵、11体盗まれる=見た目は金属製
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル
集金直後1700万円盗まれる=信組支店長の車から、男逃走
1000万相当の換金用景品盗難=パチンコ店近くの駐車場
韓国へ捜査員派遣=代理処罰を要請

「エコポイントは私の理論」??? 巨額詐欺事件のL&G元会長(産経新聞)
[パラリンピック]住職の井上「もう一度滑れた」骨折克服し
地下鉄サリン事件から15年=霞ケ関駅で首相ら献花へ-東京(時事通信)
<もんじゅ>耐震性問題なし 原子力安全委(毎日新聞)
「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)

強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請-裁判員「評議、重い空気」・長野(時事通信)

 長野県上田市の会社役員を殺害し、預金を引き出したとして、強盗殺人罪などに問われた鉄工所経営朝倉利明被告(50)の裁判員裁判で、長野地裁(土屋靖之裁判長)は18日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 判決は「殺害方法は冷酷かつ残虐。遺体は産業廃棄物とともに埋められた。人格の尊厳を踏みにじる行為」と非難した。言い渡し後、土屋裁判長は「被告の刑事責任は極めて重く、その反省も十分とは言えない。被告に対する仮釈放の運用には相当慎重な配慮が必要」と述べた。
 判決後に会見した50代の男性は「(審理と評議は)深呼吸もできず、張り詰めて重い空気だった。何の罪もない被害者と残された遺族の悲しみを主に考えた」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員判決を支持
「強盗強姦罪成立しない」と上告=裁判員裁判初の性犯罪

インフルでの入院、8週連続で減少(医療介護CBニュース)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
<業過傷害容疑>猟犬の飼い主を17日書類送検(毎日新聞)
参院選で他党と選挙協力せず…公明・山口代表(読売新聞)
小学校教諭が6年生に「お前たちは粗大ごみ」(読売新聞)

<取り調べ可視化>早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会(毎日新聞)

 法務省は17日の政策会議で、取り調べ全過程の録画・録音(可視化)導入に向けたスケジュールを与党議員に示した。省内の勉強会は来年6月ごろをめどに実務上の課題を整理し、導入方法などの結論をまとめる。さらに法制審議会への諮問・答申の手続きを踏めば、法案提出は早ければ12年の通常国会が見込まれる。

 勉強会は政務三役を中心に昨年10月に始まった。年間200万件に及ぶ全事件を対象にすることが現実的かどうかなど、論点整理を進めている。来年度には、既に導入している諸外国の視察や、捜査・公判の実情調査を実施。進行具合によっては、来夏以降も勉強会での検討を続ける。

 中井洽国家公安委員長も2月から、私的研究会で可視化や新たな捜査手法の議論を進めており、結論には約2年かかるとの見通しが示されている。このため今年7月にも、中井委員長と千葉景子法相が協議し、法案化に向け認識を共有する。

 可視化を巡っては、民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」が、今国会での法案提出を政府に要請している。政策会議では与党議員から、早期の法案提出が必要などとする異論が相次いだ。【石川淳一】

【関連ニュース】
取り調べ可視化:議連が国会提出申し入れ
検察会同:「検察として深い反省」足利事件で検事総長
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
大分・旧清川村の女性強殺:被告に無罪判決 丸山・大分地検次席検事、渡辺弁護士の話
検察長官会同:足利事件で検事総長「検察として深い反省」

皇太子さま、ケニアへ出発(時事通信)
<みんなの党>参院福島で新人擁立(毎日新聞)
高杉晋作の遺品返せ…ひ孫らを記念館が提訴(読売新聞)
<東京大空襲>世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
医療ADR機関連絡調整会議、26日に初会合-厚労省(医療介護CBニュース)

<蓮池薫さん>新潟大大学院博士課程に合格 4月から通学(毎日新聞)

 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(52)が、新潟大大学院現代社会文化研究科の博士前期課程に合格し、4月から通学することになった。社会文化論を専攻し、韓国・朝鮮史を研究する。週2回程度、新潟県柏崎市の自宅から通うという。

 蓮池さんは02年に北朝鮮から帰国後、78年の拉致当時に在学していた中央大法学部に復学し、08年3月に卒業。09年6月には北朝鮮での生活をつづった手記「半島へ、ふたたび」を出版した。翻訳家として仕事をしながら、新潟産業大経済学部の特任講師を務め、韓国語や異文化コミュニケーションの講義を担当している。

【関連ニュース】
朝まで生テレビ:田原氏発言「問題あり」BPO
金元死刑囚:めぐみさんに「会った」と証言…中井担当相
北朝鮮・拉致問題:田原総一朗さんの発言、BPO「倫理上問題あり」
北朝鮮・拉致問題:拉致担当相「金元死刑囚招きたい」 法務省に特例入国要請
北朝鮮・拉致問題:蓮池透さんらが討論--20日に横浜 /神奈川

<七味唐からし>異物混入 長野「八幡屋礒五郎」(毎日新聞)
「原発推進」を明記 温暖化法案を閣議決定へ 民主内から反発も(産経新聞)
<患者骨折>胸部を強く圧迫か 逮捕の元看護師(毎日新聞)
<みんなの党>参院選 比例代表の追加公認候補を発表(毎日新聞)
<捜査書類漏えい>「事件起こせば辞められる」 大阪税関・関空支署職員が漏らす(毎日新聞)

日米密約 外務省委が報告書 核持ち込みは「暗黙の合意」(毎日新聞)

 日米間の四つの「密約」を検証してきた外務省の有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)は9日、報告書をまとめ、岡田克也外相に提出した。報告書は、1960年の日米安保条約改定時の「核搭載艦船の核持ち込み」密約について、寄港・通過を事前協議の対象外とする「暗黙の合意」が日米間にあったとして「広義の密約」と結論づけた。「朝鮮半島有事の戦闘作戦行動」「沖縄返還時の原状回復補償費の肩代わり」密約とあわせて三つは認めたが、「沖縄返還時の核再持ち込み」密約は認めなかった。

 また一連の文書検証にあたって「不自然な欠落」が判明。廃棄された可能性があるとみて、調査を求めた。

 岡田克也外相は同日の記者会見で「米国の核政策の変更によって1991年以降、核が(日本に)持ち込まれたことはないと考えている。非核三原則を見直す考えはない」と述べ、非核三原則を堅持する姿勢を強調した。

 「沖縄返還時の核再持ち込み」密約について報告書は、佐藤栄作首相とニクソン米大統領(いずれも当時)が1969年11月の日米首脳会談の際に密かに交わした「合意議事録」が佐藤首相の遺品として残されていたことが判明したものの、同首相が文書を私蔵したまま引き継いだ形跡がないことなどから、「必ずしも密約とは言えない」と結論づけた。【中澤雄大】

【関連ニュース】
「密約」問題外務省調査報告書の全文

漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)

ロバート秋山さんとインパルス堤下さんが玉突き事故(産経新聞)

 お笑いトリオ、ロバートの秋山竜次さん(31)とお笑いコンビ、インパルスの堤下敦さん(32)が東京都大田区内で連なって乗用車を運転中、玉突き事故に巻き込まれたことが6日、警視庁蒲田署への取材で分かった。秋山さんは首に痛みを訴え、病院に搬送されたが軽傷。堤下さんにけがはなかった。

 同署の調べによると、6日午後3時10分ごろ、大田区羽田の環状8号線外回りで、江戸川区の男性会社員(45)が運転する乗用車が秋山さんの乗用車に追突。前を走行していた堤下さんの乗用車も巻き込まれた。

 同署によると、男性会社員のよそ見が原因とみられる。秋山さんと堤下さんは収録を終え、2人でラーメン店に向かう途中だったという。男性会社員は仕事中で、けがはなかった。

<悪天候>東日本や北日本で大雪などの恐れ 11日にかけて(毎日新聞)
学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)
<ミニカー>プラチナ製トミカ 700万円(毎日新聞)
<白馬モーグル大会>協賛有無にかかわらず「JAL杯」で開催へ 来月11日(毎日新聞)
<のぞみトラブル>オイル漏れ感知せず(毎日新聞)

<訃報>仙田理芳さん71歳=能楽師、金春流シテ方(毎日新聞)

 仙田理芳さん71歳(せんだ・りほう<本名・辻井みどり=つじい・みどり>能楽師、金春流シテ方)5日、大腸がんのため死去。葬儀は9日午前11時、東京都目黒区下目黒3の19の1の羅漢会館。喪主は夫清一郎(せいいちろう)さん。

インフルでの入院、6週連続で減少(医療介護CBニュース)
医療チーム派遣を延期=チリの受け入れ整わず(時事通信)
「MRは薬剤師の職能の一つ」が86.8%―MR教育センター調べ(医療介護CBニュース)
<小林氏陣営違法献金>小林議員、説明なく去る…北教組逮捕(毎日新聞)
「たまゆら」火災 理事長ら起訴 改善進まぬ老人施設(産経新聞)

<東北大病院>がんではない70代男性に手術(毎日新聞)

 東北大病院は4日、前立腺がんの手術を行う患者を取り違え、がんではない別の男性に手術を行っていたと発表した。前立腺の検査後、書類を作成する際に取り違えたのが原因。2人とも体調に問題はないというが、病院側は2人に謝罪した。

 同病院によると、07年6月28日、前立腺がんの疑いのある宮城県内の70代と50代の男性2人に精密検査(針生検)を行った。病理診断医が細胞組織を調べ、70代男性にがんは見つからなかったが、50代男性はがんと判明した。

 しかし、病理診断医が2人の診断報告書を作成する際、それぞれの所見を取り違えてパソコンに入力。このため、がんだった50代男性は検査後に退院し、がんではない70代男性に同年12月、前立腺をすべて摘出する手術が行われた。

 病理診断医が09年12月、70代男性の術後の診断報告書が作成されていないことに気付き、発覚した。50代男性は発覚後に摘出手術を受け、病院側は「根治した」としているが、日常生活を送っていた2年間にがんが悪化する可能性はあったという。【比嘉洋】

赤ちゃんは「先生」 中高で広がるふれあい活動(産経新聞)
<もんじゅ>再開微妙に 安全性の説明不十分(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 俳優・佐藤B作さん(61)(産経新聞)
城内議員が「浅田選手記事」で謝罪 「多くの人の気持ち逆撫でした」(J-CASTニュース)
【WEB人】芸能リポーター・梨元勝さん(65) 携帯で生放送ワイドショーを(産経新聞)

<訃報>林忠四郎さん89歳=宇宙物理学者、星の進化を研究(毎日新聞)

 星の進化や太陽系の形成の研究などで知られる宇宙物理学者で、京都大名誉教授の林忠四郎(はやし・ちゅうしろう)さんが28日、死去した。89歳。葬儀は親族のみで行う。

 東京帝国大学理学部卒業後、京都大学理学部の故湯川秀樹博士の研究室へ。1954年、京大理学部助教授、57年から教授。理学部長なども務めた。専攻は理論天体物理学。

 宇宙空間のガスが集まって恒星が誕生して輝き始める際、特に明るく輝く時期のあることを発見。「林フェーズ」と呼ばれる恒星の形成過程を提唱し、天文学のノーベル賞とされる英王立天文学会のエディントン・メダルを70年に日本人として初受賞した。63年仁科記念賞、82年に文化功労者、86年に文化勲章を受章。

<人事>最高裁(毎日新聞)
<大麻吸引>中学生4人を児相に通告 大阪(毎日新聞)
社会保障充実で不安解消を(医療介護CBニュース)
<国会>自民、苦肉の審議復帰 民主「政治とカネ」置き去り(毎日新聞)
<気象庁長期予報>春の訪れ早い見込み(毎日新聞)

参院選前の「谷垣降ろし」も=舛添氏(時事通信)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は1日午後、都内の日本外国特派員協会で講演し、党の現状に関し「世論調査では自民党の支持率は変わらないし、むしろ下がっている。党内の賢明なる政治家がこの点を考えれば、谷垣禎一総裁の辞任を促す方向に行くだろう。その場合は党改革はできる」と述べ、夏の参院選前の総裁交代もあり得ると指摘した。
 舛添氏は、自身の政治活動について「自民党を改革するか、新党を立ち上げるか両方のオプションを考えている」と改めて強調。「当然として、他党との政界再編の可能性も念頭にある。他党とは民主党のメンバーも含む」と語り、民主党との連携にも意欲を示した。 

【関連ニュース】
党改革無理なら離党も=自民・舛添氏
参院選前に政策提言=自民・舛添氏

<内閣特別顧問>日本航空会長の稲盛和夫氏を任命…政府(毎日新聞)
「津波の心配ない」と英文誤表示=県の外国人向けサイト-宮城(時事通信)
抵抗排除して改革を=民主の参院選過半数獲得で-小沢氏(時事通信)
年金改革、来週にも検討会=「根源的な議論必要」-菅副総理(時事通信)
避難住民「すごく怖い」=50年前思い出す-津波観測で宮城、岩手(時事通信)

<気象庁>大津波警報を津波警報に変更(毎日新聞)

 南米チリの大地震による津波で、気象庁は28日午後7時1分、青森県太平洋沿岸、岩手、宮城県に出ていた大津波警報を津波警報に変更した。気象庁は同日午前、日本の沿岸に1~3メートル程度の津波が到達する恐れがあるとして、青森県-宮城県の三陸沿岸に大津波警報、その他の太平洋沿岸に津波警報を発令していた。

 この日は午後3時49分に岩手県・久慈港で高さ120センチの津波を観測したほか、仙台市で3時41分、北海道根室市で3時48分にそれぞれ90センチを観測するなど、北海道から沖縄県まで幅広い範囲で津波があった。【デジタルメディア局】

競泳「銅」の源純夏氏、参院選自民から出馬へ(読売新聞)
<社民・国民新>民主に幹事長会談を要請へ(毎日新聞)
9割の医師が新薬の14日処方制限を問題視(医療介護CBニュース)
トーシン (名古屋市)
インダストリアルデザイナー 皆川正氏死去(産経新聞)

銚子市といわき市で40センチの津波(時事通信)

 気象庁によると、千葉県銚子市で28日午後2時21分に、福島県いわき市小名浜で同2時29分に、それぞれ40センチの津波を観測した。 

温室ガス25%削減を明記…温暖化対策法案(読売新聞)
縄文時代のクリ林確認 奈良・観音寺本馬遺跡(産経新聞)
パチンコ攻略法の被害増加=業者9割所在確認できず-141社調査、「求人」方式も(時事通信)
72時間ルールの緩和措置、「極めて遺憾」―日看協(医療介護CBニュース)
自民各派会長が「派閥に弊害ない」解消論を批判(読売新聞)

<ナノ微粒子>遺伝子を搬送、がん治療に応用も 東大が実験(毎日新聞)

 ナノメートル(ナノは10億分の1)サイズの微粒子に遺伝子を結合させ体内に運び込むことに、東京大がマウス実験で成功した。血糖値を抑えるホルモン「インスリン」をつくる遺伝子で試すと、糖尿病マウスの血糖値が低下することも確かめた。遺伝子治療への応用が期待できるという。23日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

 研究チームは00年、ナノ粒子の一つで炭素でできた「フラーレン」を使って、サルの培養細胞内に遺伝子を入れることに成功している。

 チームは遺伝子が結合しやすくなるようにフラーレンを改良。これに目印役の遺伝子を結合させ、マウスの静脈に注射すると、肺や肝臓、脾臓(ひぞう)で遺伝子を働かせることができた。遺伝子だけを注入した場合は、どの臓器にもほとんど入らなかった。遺伝子の周りにフラーレンが付着することで、遺伝子を保護したと考えられるという。また、インスリンをつくる遺伝子をフラーレンに結合させてマウスに注射すると、肝臓などの細胞内に遺伝子が入っていることを確認、マウスの血糖値も低下した。マウスの肝機能や腎機能は正常で、副作用はなかったという。

 中村栄一教授(有機化学)は「このフラーレンは安価で大量合成できる。狙った臓器に遺伝子を運べる研究を進めて、がん治療などにも応用できる新たな遺伝子導入法開発につなげたい」と話す。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
御室桜:クローン技術での増殖に成功 京都の仁和寺の桜
貧血:B・AB型女性はなりにくい A・O型より21%
てんかん:防止のたんぱく質を特定 日米のチームが
iPS細胞:米ベンチャーが関連特許取得
がん細胞:守るたんぱく解明…新薬開発に道 都臨床研など

介護疲れで無理心中か=80代夫婦、遺体で発見-新潟(時事通信)
<火災>高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)
中曽根元首相「世界遺産実現したい」 ふじさんの日フォーラム(産経新聞)
「規制仕分け」も検討=行政刷新分科会、来月スタート(時事通信)
政調復活論牽制へ 「コアメンバー制度」 (産経新聞)
プロフィール

うめきたかし

Author:うめきたかし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。