スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<乗用車転落>3人死亡 千葉・成田(毎日新聞)

 5日午前2時45分ごろ、千葉県成田市馬場の国道295号で、同県富里市根木名(ねこな)、職業不詳、山口薫さん(21)の運転する乗用車が道路左のガードレールを突き破って約5メートル下の草むらに転落した。車には山口さんのほか、後部座席に千葉市緑区土気(とけ)町、アルバイト、堤拓郎さん(20)、助手席に同県芝山町岩山、会社員、正木久美子さん(20)が乗っていたが、3人とも全身打撲などで死亡した。

 現場は片側2車線の緩やかな右カーブ。ブレーキ痕がないことなどから、県警成田署は、スピードを出しすぎて曲がりきれなかったとみて詳しく調べている。【黒川晋史】

女子高校生が包丁で兄の脇腹刺す、殺人未遂容疑(読売新聞)
ベンチャー企業の治験相談「直ちに廃止」と結論-厚労省行政事業レビュー(医療介護CBニュース)
ふるさと切手の販売一時中止=北方領土の一部欠落―日本郵便(時事通信)
<荒井戦略相>事務所費問題 菅首相「進退問題に発展せず」(毎日新聞)
主人かばい脚失う…「サーブ」銅像、命日に除幕(読売新聞)
スポンサーサイト

普天間移設 28日に3党首会談 日米声明に先立ち(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、政府は27日、移設先として同県名護市の「辺野古周辺」と明記した日米共同声明を28日に発表する方向で連立与党内の調整を続けた。これに反対する社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は声明から「辺野古」を削らない限り、政府対処方針の閣議署名に応じない姿勢を崩していない。

 鳩山由紀夫首相は28日夕に記者会見を予定しており、同日午前、福島氏、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相との与党党首会談を開いて自ら最終調整に乗り出す方針だ。

 政府は党首会談で社民党の理解を求めたうえで共同声明を発表し、臨時閣議で対処方針を決定後、首相会見を開くシナリオを描く。27日には対処方針に「将来の県外・国外移設」を目指す文言を盛り込むことを社民党に打診。社民党は同日夜、国会内で福島氏と重野安正幹事長ら党幹部が協議したが、共同声明からの「辺野古」削除を求める福島氏の姿勢は固く、結論を28日に持ち越した。

 このため28日午前の党首会談後、社民党が反対したまま声明が発表される可能性も出てきた。臨時閣議を開いて福島氏が署名を拒否すれば、首相は福島氏を罷免するか、閣議で決定手続きをとれないまま記者会見を開くかの選択を迫られる。首相は27日夜、記者団から罷免の可能性を問われ「まだそのようなことは一切考えていない」と語った。

 ◇社民分裂含みの局面

 閣議での署名拒否は社民党の連立離脱に直結しかねない重大決意だ。同党内は連立政権に残って県内移設反対を主張する意見が大勢。27日夜の幹部協議は福島氏と他の幹部との激しい応酬となった。

 重野氏が「連立離脱は沖縄のためにならない」と説得すれば、又市征治副党首も「党が分裂してもいいのか」と妥協するよう要求。福島氏は「(署名拒否は)党の常任幹事会で決めたことだ」と反論し、又市氏が「あんた、党首から罷免するぞ」と声を荒らげる場面もあったという。連立を揺さぶる社民党自身、分裂含みの苦しい決断を迫られている。

 政府はすでに対処方針への移設先明記をあきらめ、共同声明との「二枚舌」で連立の危機を回避する苦肉の策を探っていた。しかし、それでも署名を拒否する福島氏のかたくなな姿勢は、連立パートナーの亀井氏を動かした。

 ◇亀井氏説得、福島氏応じず

 「共同声明は事務的なものだ。政府対処方針が政治決定になるのだから、閣内に残って力を維持することを考えるべきだ」。社民党の幹部協議に先立つ27日午後、福島氏と国会内で会談した亀井氏は共同声明に「辺野古」が明記されても連立にとどまるよう福島氏を説得した。しかし、福島氏は応じず、「日米共同声明に辺野古と書いてあって、政府対処方針にないのは二枚舌だ」と批判。出席者によると、いら立った亀井氏が「(連立から)そんなに出ていきたいなら、出ていったらいい」と口をとがらす場面もあったという。

 平野博文官房長官は同日の記者会見で、閣僚の署名が不要な「首相発言」によって政府対処方針を示す案にも言及した。その後、首相官邸で会談した重野氏から共同声明の文言削除を求められたが「不可能に近い」と拒否した。【西田進一郎】

【関連ニュース】
普天間移設:首相に知事冷ややか 訓練分散賛同は大阪のみ
普天間移設:民主も首相批判噴出 小沢氏沈黙、助け舟なし
普天間移設:野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり
普天間:首相「理解に努力する」 社民党の閣議署名拒否
普天間:社民党「辺野古」政府方針に反対 閣議署名も拒否

酒気帯び運転 伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
首相動静(5月30日)(時事通信)
鳩山首相 「国の出先廃止」各閣僚に指示(毎日新聞)
社民党の「ぐじゃぐじゃ」迷走 連立離脱するのかしないのか(J-CASTニュース)
沖縄・大東島で震度4(時事通信)

連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)

 社民党が沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で揺れている。

 党内は、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する政府方針への反対では一致しているが、連立を離脱するかどうかについては意見が分かれたままで、党分裂を懸念する声も出ている。

 24日の緊急三役会議では、辺野古への移設方針に関し、「地元の合意がないものを決定するのは、ごまかしでしかない」と政府を批判する声が相次いだ。最も強硬なのは、沖縄県選出の照屋寛徳国会対策委員長だ。この日の三役会議は欠席したが、同日夜、都内で記者団に、「連立の合意も地元の合意も得ないで『県内移設』を強行した場合、社民党の理念や方針に照らし、政権離脱しかない。政権にしがみついたら、国民の信頼を失って自然消滅してしまう」と強調した。「(党が連立を離脱しなければ)もちろん離党する」とも語った。

 社民党には、旧社会党時代の村山政権が自衛隊を合憲と認めるなど連立する自民党に歩み寄った後、党勢が衰退した苦い経験がある。党内には「外交・安全保障政策で妥協すべきではない」という声が多く、「参院選を前に連立を離脱して独自性を示せば、逆に支持を集められる」という見方もある。

 これに対し、阿部知子政審会長らは連立を維持すべきだとしている。「政権の中で県外・国外移設を求めていく方が、沖縄県民の思いに応えることができる」(阿部氏)というわけだ。

 連立離脱をほのめかしてきた福島党首は最近、離脱に絡む発言は抑え気味だ。周囲は「参院選を前にどちらが得か悩んでいる」と見ている。

 福島氏が25日に沖縄を訪問するのも、党として政府方針に反対する根拠を明確にするとともに、国民の反応を探りたい思惑があるからだ。党執行部は6月3日に全国代表者会議を開き、地方の意見も踏まえたうえで最終判断する構えだ。

 民主党では参院選が近づくにつれ、社民党の離脱を懸念する声が強まっている。昨年の衆院選の比例選で300万票を獲得した社民党の集票力への期待があるからだ。参院選の選挙区選では、社民党の公認候補擁立は7選挙区にとどまる見通しで、残る選挙区では同党支持票が民主党に回ることが期待できるというわけだ。また、鳩山内閣の支持率が低迷し、与党が参院での過半数を失う可能性も指摘される中、「社民党の非改選の2議席は重要だ」という指摘もある。

千葉の放火殺人、ストーカー男と娘を逮捕(産経新聞)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)
連立離脱は時期尚早=社民・阿部氏(時事通信)
<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)
【たけくまメモ 出張版】マンガ雑誌創刊の裏側 パチンコ連携で元を取る(産経新聞)

鳩山首相、23日沖縄再訪で調整=普天間、政府案説明へ(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、県内移設など政府案を説明するため23日に同県を再訪問する方向で調整に入った。政府関係者が10日、明らかにした。首相は、仲井真弘多知事や稲嶺進名護市長と改めて会談し、キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)へのくい打ち桟橋方式による代替施設建設と、鹿児島県・徳之島への基地機能の一部移転を組み合わせた政府案を提示する意向だ。
 沖縄側は政府の県内移設方針に反発しているが、首相は10日夜、記者団に「誠心誠意、正面からの対応を通じて理解を求めたい」と述べ、あくまで働き掛けを続ける考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

<鳩山首相>会食で蓮舫議員ら、選挙体制の確立を要請(毎日新聞)
<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
<国民新党>江本孟紀さん擁立へ 参院選比例代表(毎日新聞)
雇用支援機構の委託、12道県で再入札へ(読売新聞)
壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)

鳩山首相、15日の訪沖延期へ(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題への理解を求めるため今月15日に計画していた2度目の沖縄訪問を延期する意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。

 沖縄が本土復帰した日に当たる15日に再訪問する方向で調整が進められていた。しかし、4日の沖縄訪問で首相が「県内移設」を表明したことを受け、県内の反対運動が活発化していることや、鹿児島県・徳之島の3町長が7日にヘリ部隊の一部移転を拒否したことを踏まえ、15日の再訪問は困難と判断したようだ。

【関連記事】
首相が徳之島3町長と会談「おわびを申し上げたい」
徳之島でレッドカード 自民が内閣退陣迫る
首相「訓練移転だけでも」 徳之島3町長は拒否
福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

子どもの人口、1694万人=29年連続で減少-総務省(時事通信)
法案山積でくすぶる会期延長論=自民、政治とカネで攻勢へ-終盤国会(時事通信)
<山陽道>6台絡む追突事故で火災 3人死亡 兵庫・姫路(毎日新聞)
<ひこにゃん>商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)
民主・社民統一候補が出馬断念=参院沖縄(時事通信)
プロフィール

うめきたかし

Author:うめきたかし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。